【第4回パブリックサービス分科会】(8Nov)

みなさんこんにちは パブリックサービス分科会の増渕です。明日16日のの藤井総長とのHCDも楽しみですね。以下11月8日のパブリックサービス分科会第4回勉強会のお知らせです。

淡星会パブリックサービス分科会第4回勉強会では、辛亥革命のプロデューサー梅屋庄吉氏を曾祖父に持つ小坂文乃様にご登壇いただき、孫文と梅屋庄吉氏の歴史紹介とそこから派生した交流事業などについてお話しいただきます。小坂さんは先日2021年度の外務大臣表彰を受賞されるなど日中の架け橋・民間外交官に相応しい方で淡星会の分科会勉強会にもぴったりと思い多忙な中ですが無理言ってお引き受けいただきました。

日本の方のみでなく、華人・華僑の皆様にとっても意義深いお話をうかがえると思いますので、奮ってご参加ください。数年前にテレビ東京でドラマ化された「たった一度の約束 ~時代に封印された日本人~」も小坂さんの本が原作となっていますので参考までに番組情報を付記しておきます。

https://www.tv-tokyo.co.jp/tattaichido/story/index.html

淡星会パブリックサービス分科会第4回勉強会

登壇者:小坂 文乃 様(プロフィール下記参照)

日 程:2021年11月8日 19:00-20:00(日本時間 20:00-21:00)

タイトル:孫文と梅屋庄吉 ~歴史から生まれる新たな交流~

参加方法:Zoomによるオンラインライブ配信 予定は下記調整さんにご記入ください。後日Zoom URLは共有いたします。

https://chouseisan.com/s?h=6ee52a4dae394be1bb7944d7a1f3cdad

 

小坂 文乃 様 プロフィール

日比谷松本楼 代表取締役社長    日比谷松本楼HPはこちら http://www.matsumotoro.co.jp/

辛亥革命を主導した孫文を精神的・経済的に支えた梅屋庄吉氏を曾祖父に持ち、日比谷松本楼の経営のかたわら、日中親善活動に多く携わる。2008年の胡錦濤国家主席(当時)訪日の際には胡国家主席と福田元総理に孫文と梅屋庄吉の資料説明を行い夕食会のコーディネートをつとめるなど民間外交官にふさわしい経歴を持つ。

孫文と梅屋庄吉研究センター顧問、中国宋慶齢基金会理事、立教大学校友会副会長、長崎県壱岐市観光大使、などの要職を多数兼務するほか、2011年長崎県民特別賞、2012年上海市名誉市民、2018年農林水産大臣賞受賞、2021年外務大臣表彰、など表彰も多数。

著書に「革命をプロデュースした日本人」(講談社)、「ナガサキ人梅屋庄吉の生涯」(長崎文献社)などがある。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

幹事:増渕達也<92年文卒>、副幹事:宇田川奈津子<11年養卒>

コメントを残す