第三回グローバルビジネス分科会(1/20 19時より)

淡星会の皆様

 

以下通り第3回グローバルビジネス分科会を予定しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時: 2021年1月20日(水)(Singapore)19時より

方法: オンライン

講師:  高須正和氏 

https://tks.medium.com/takasu-profile-c50feee078ac

テーマ: 「プロトタイプシティ 深圳ハードウェア開発のエコシステム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加希望の方は、以下の「調整さん」に卒業年度・学部を記載の上、申し込みを

お願い致します。

https://chouseisan.com/s?h=52f01de0b7634e9a8e6ca47843844995

 

内容の骨子 「プロトタイプシティ 深圳ハードウェア開発のエコシステム

2018年に香港のGDPを抜き、今や上海や北京に次ぐ中国の大都市となった深セン。最近は「世界の工場」から「世界のプロトタイプシティ」へと、R&Dやスタートアップによって新しい価値を産み続けるハードウェアのシリコンバレーとして認識されるようになりました。

その背景には、深センのモノづくりの都市として蓄積だけではなく、オープンソースやオープンハードウェアといったグローバルな価値創造の未来を垣間見させるユニークな共創スピリッツがあります。

今回登壇いただく高須氏は、前職のチームラボ所属時から、世界のメイカー・ハッカーカルチャーの伝道師として活動し、そのネットワークと足とで稼いだリアリティ溢れる情報は、内外の研究者、業界関係者からも高く評価されています。

本トークでは、深センを拠点に活動する氏の目線から見た同地の実態と、その先にあるイノベーションの兆し(と感じるもの)について忌憚なく語っていただきます。そして、様々な分野で活躍される皆様とのエキサイティングな議論を期待しています。

講師 高須正和氏

IoT開発ツールの開発/販売をしている株式会社スイッチサイエンスのGlobal Business Developmentとして、中国深圳をベースに世界の様々なメイカー向けイベントに参加し、パートナーを開拓している。ここ11年で100回を超えるメイカーイベントに参加。
日中の技術愛好家達とのコミュニティ「ニコ技深圳コミュニティ」の共同創業者。同コミュニティは「深圳のイノベーション環境について、英語圏含めてもっとも充実した情報(野村総研総合研究所)」と評価されている。
ほか、ガレージスミダラボ主席研究員、大公坊創客基地(中国深圳の国家級インキュベータ)メンター、早稲田大学ビジネススクール非常勤講師、インターネットの社会実装事例を研究する「インターネットプラス研究所」の副所長など。
著書「メイカーズのエコシステム」「プロトタイプシティ」訳書「ハードウェアハッカー」ほかWeb連載など多数。

 

(幹事:末田航)

コメントを残す